STEP2|記事の書き方

仕事

『STEP2』では映画ブログにおける”記事の書き方”について紹介します。

1本記事を書くにしても、ネタ選び(キーワード選定)・ライバルチェック・タイトル付けなどやる事がいろいろあります。

適当に記事をかいても読まれないので、しっかりネタ選定をしてからSEO効果のある記事をつくりましょう!

オオタ
記事の内容だけでなく、キーワードやタイトルも大事だよ。

映画ブログにはどんな記事を書けばいいの?

需要のある映画をネタにしよう

映画1

大勢の人にブログを読んでもらうには、需要のあるネタを選ぶのが鉄則です。

みんなが「知りたい」と思っているネタについて書きましょう。

  • 需要のあるネタ
    =検索する人が多い=記事にすれば大量集客できる
  • 需要のないネタ
    =検索する人が少ない=記事を書いても数人しか見てくれない

 

トレンドネタで上位表示ができれば、爆発的なアクセスが集まります。1日だけで数万PVとかもザラにありますね(ただし一時的ですが)

逆に需要のないネタを記事にしてしまうと、検索者が少ないためアクセス数が伸びません。

ここは非常に重要なので、しっかり頭に入れておきましょう。ネタ選びで間違えると、いつまで経ってもアクセス数が増えませんよ。

オオタ
ネタ選びは超重要!

 

需要のあるネタの例

映画ブログの場合、基本的に以下のパターンなら需要が大きいです。

需要が大きい映画
  1. 話題になっている新作映画
  2. テレビで放送予定のある映画(金曜ロードショーなど)

テレビや大手サイトで紹介されている作品だと、人目に触れる機会が多いです。その結果、気になって検索する人が増えるというワケですね。

映画ネタの具体例は、下の記事で紹介しています。

 

人気シリーズの新作なら、アクセスが大幅アップ

人気シリーズの新作なら、特にアクセスが集まりやすいです。

個人的なおすすめはディズニー作品。

私が『アナと雪の女王2』や『リメンバーミー』を記事にしたときも、1日で1記事あたり1万PV以上の集客ができました。

記事を「書く前」に必ずやること

キーワード選定

映画の記事を書くときは、大手サイトとネタが被らないように注意しなければなりません。

個人ブロガーが大手サイトと同じ記事を書いても、誰もブログを見に来てくれないでしょう。

大手と個人が戦ったら、99%個人が負けます。

なので個人ブロガーは、大手サイトが扱わないニッチなキーワードを選びます。

オオタ
大手と同じネタを書いたら、100%ボロ負けするよ。

 

勝ち目のない勝負なんて、やるだけ無駄。

勝つためには、需要のあるネタの中からニッチなキーワードを探しましょう。

ライバルが不在なら、あなたの一人勝ちです。

実際にやるとわかりますが、アクセスの集まり方が全然違いますよ。

 

なお、ニッチなキーワードの探し方は以下の『お宝キーワードの探し方』にまとめました。

実践できるようになれば、相当な実力が付くはずです。

オオタ
初心者ブロガーさんは、下記の①~②だけ読めば大丈夫だよ。

 

まずは①~②を実践しながら記事を書いてみて、もしアクセスが集まらなかったら③の方法を試してみてください。

④の『最終手段』は使えるテクニックですが、上級者向けなので難しいかなと思います。ブログ運営に慣れてきたら、実践してみてくださいね。

 

 

SEOに効くタイトルにしよう

ブログを上位表示させるため、超重要なのが「タイトル付け」です。

SEOを意識しつつ、読まれやすいタイトルを考えましょう。

⇒タイトル付けの極意はこちら 

読まれる記事の書き方

わかりにくい記事だと読者が離脱します

カチンコ

ブログ記事を最後まで読んでもらうためには、わかりやすく読みやすい文章を書く必要があります。

というのも、文章が読みにくいと読者がページを閉じてしまうから。

ネットには情報がたくさんあるので、読者は興味がなければすぐに離脱してしまいます。

そして他のブログに行ってしまい、あなたのブログには戻ってこないでしょう。

そうなると広告がクリックされませんし、グーグルからも「離脱率が高い」と判断されて評価が下がる可能性があります。

マナブ
記事を開いても、すぐに閉じちゃう時ってあるよね。
オオタ
そうなんだよ。だから、読者が読みやすいような文章が必要になってくるの。

 

基本的なブログ文章の書き方

といっても、中には文章を書くのが苦手な人もいるでしょう。

もし書き方がわからない場合、下の『ブログ文章の基本』を参考にしてみてください。

ブログ文章の基本
  • ブログ記事に最適な文字数(準備中)
  • SEO効果のある記事の書き方(準備中)
オオタ
文章のテンプレートも作成したので、良かったら使ってね。

 

基本的な文章能力が身に付いたら、面白い文章の書き方もマスターしましょう。

以下の記事では、オオタが面白いとおもうブログの特徴をまとめました。

関連:文才がなくても大丈夫!ブログで面白い文章を書くためのコツ

記事を「書いた後」で確認すること

インデックスされたか確認

パソコン2

記事を書き終わったら、まずはインデックスされているか確認しましょう。

インデックスとは、あなたの書いた記事が検索エンジン(Googleなど)に登録されることを指します。

インデックスの確認方法ですが、Googleの検索画面に「site:〇〇」と入力して検索すればOKです。

オオタ
〇〇の部分には、記事のURLを入れてね。

 

例えばこのブログの場合、トップページのインデックス確認は次のようになります。

インデックス確認

この方法なら、簡単にインデックスされたか確認ができますね。

ただし運営期間の短いブログだと、インデックスに2~3日後かかることもあります。気長に待ってみてください。

 

上位表示できるか確認

インデックスされたら、狙ったキーワードで上位表示されているか確認しましょう。

例えばオオタの場合、以下のキーワードで狙ったので1位表示されています(2020年6月8日現在)

  • キーワード:鬼滅の刃_実写化_村田
  • タイトル:【鬼滅の刃】実写化キャスト予想②村田・鋼塚・鱗滝の配役は?
  • 記事の内容:もし『鬼滅の刃』が実写化したら、サブキャラの配役はどうなるのか?

 

『鬼滅の刃』は大人気のマンガですが、ニッチなキャラに視点をあてたので上位表示ができました。

このように需要のあるキーワードで上位表示ができれば、アクセスが見込めます。

オオタ
上位表示されないと、読者も増えないので要注意。

補足|読者に嫌われる文章の特徴

私の経験上、次のような記事は読者に嫌われやすいです。もし当てはまる項目があれば、次回から直してみて下さいね。

読者に嫌われる記事の特徴
  1. 広告がやたら多い
  2. 文字ばかりで画像がない
  3. 一つの文章が長すぎる(句読点が少ない)
  4. 改行がない
  5. 全部黒字(マーカー線や赤字がない)
  6. 必要な情報が掲載されていない
  7. タイトルと記事の内容が一致しない
  8. 何が言いたいのかわからない
  9. 結論までが長い

この手の記事は、途中で「もう読みたくない」と思われるので要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA