【最終手段】ライバルのいないキーワードの見つけ方【ツールは使うな】

宝石

記事ネタを探している時「どのキーワードもライバルが多い!」と思ったことはありませんか?

人気のあるネタほど、ライバルのいないキーワードが見つからないものです。

そして結局、ライバルだらけのネタで記事を書いてしまい、アクセスが全然来なかったりするんですよね。

そこで今回は、オオタが実践するライバルのいないキーワードの見つけ方について暴露します。

検索ツールを使ってもキーワードが見つからない時、ぜひこの対処法を試してみて下さいね。

マナブ
何かすごそう!よし、がんばって覚えるぞ!
オオタ
難しいテクニックだけど、マスターすれば強いよ。

 

なお、これから紹介する方法は”思考力”が重要になります。

上級者向けのやり方なので、タイトル通り「最終手段」として使用してください。

また、この記事は「お宝キーワードの探し方」の第4章にあたる内容です。先に1~3章を読んでおくと、内容が理解しやすくなります。

ライバルのいないキーワードの見つけ方

ツールに頼るとネタが被ります

仕事

キーワードを探すときに、大抵の人は専用のツールを使っているかと思います。

中でも「関連キーワード取得ツール」や「キーワードプランナー」などは有名ですよね。

確かに、ツールって便利なんですよ。頭を使わなくてもキーワードが見つかりますし、小学生でも使えます。

けど誰でもできる方法だからこそ、ネタが重複しやすいというデメリットがあります。

皆が同じツールを使った結果、同じキーワードで記事を書くブロガーが大量発生するワケですね。

オオタ
人と同じことやると、人と同じ結果しか生まれないよ。
マナブ
シビアだね…

 

ライバルのいないキーワードは「予想」しよう

だからオオタは、コンサルタントをする時にツールに頼った方法を勧めていません。

一番オススメする方法は、自分で穴場キーワードを予想する方法です。

オオタの経験談ですが、脳死した状態でツールを使うよりも自分で考えたキーワードの方がアクセスが集まりやすいです。

オオタ
一番の武器は、ツールではなく人間の思考力。これ全ビジネス共通ね。

 

「予想」とか「思考力」という言葉を聞くと、なんだか難しそうに聞こえますが…

オオタの頭はよくありません。

ド凡人です。

ここで言いたいのは、凡人だろうと思考力を見に付ければ稼げるという事です。

という訳で、ここからはツールに頼らずお宝キーワードを発掘する方法を紹介していきますね。

方法①未来にバズるキーワードを予想する

将来に注目されるキーワードを予想しよう

男性

ライバルのいないキーワードを見つける方法ですが、その1つに未来の情報を予想する方法があります。

将来的にバズるキーワードを予想し、それを元に記事を書いておくワケですね。

そもそも既存の検索ツールって、すでに検索されたキーワードしか表示しないんですよ。

だから自分で予想して、これから検索者が増えるキーワードを狙います。これにより、ライバルのいないキーワードが見つかりやすくなるのです。

 

【実例あり】未来予想のやり方

マナブ
未来予想なんて、頭が良い人以外は無理じゃないの?

未来予想は難しいテクニックですが、別に特殊能力は必要ありません。凡人でもできます。

単純な話なので、実例と一緒にやり方を解説していきますね。

 

以前、『IT』という有名なホラー映画がリメイクされた時の話です。

この映画が公開される前は、ネット上で「IT 映画 いつから」などのキーワードが検索されていました。

原作のファンは公開日を楽しみにしていたので、このようなキーワードに需要が集まったのでしょう。

しかし映画が公開されると、このキーワードで検索する人はいなくなります。

公開された後なので、ユーザーは「いつから映画がスタートするのか」なんて疑問を持ちません。

代わりに「IT 映画 いつまで」というキーワードで検索する人が増えました。

「いつから」が、「いつまで」に変化したワケですね。

「映画を見に行きたいけど、いつまで公開されるのかな?」と思う人が多くいたので、このキーワードの需要が増えたのでしょう。

 

何が言いたいのかというと、検索されるキーワードは時間が経つと変わっていくという話です。

現状でライバルが多いなら、未来に流行りそうなキーワードで記事を書けばいいのです。

これが1つ目の方法ですね。

マナブ
確かにライバルはいないと思うけど、一歩間違うとアクセスゼロになりそうだね。
オオタ
マナブくん正解。だから過去の似た事例を探して、ある程度あたりを付けるといいよ。

 

未来予想は〇〇で精度が上がる

ちなみに、未来予想は経験と愛でカバーできます。

例えばマニアックな映画ファンだと

  • この監督は次に〇〇をしそう
  • あのマンガは実写化されそう
  • あの映画シリーズは、結末が〇〇になる

などの予想をたて、しかも的中させることがありますよね?

あれと同じで、好きなものだと先読みがしやすくなります。

 

ただし、これを最初からできる人はほぼいません。いるとしたら、その人はエスパーの才能があります。

ある程度経験が必要なので、映画ブログの運営になれてきたら試してみて下さいね。

オオタ
未来の情報ならライバルがいないし、検索上位も取りやすいよ。

方法②ライバルの不足情報を書く

仕事

そしてもう1つの方法が、ライバルサイトの「不足情報」を記事にする方法です。

全ての情報が網羅された完璧な記事なんて、ほとんどありません。だからそのスキを狙います。

不足情報をキーワード化してライバルがいなければ、そのネタで検索上位を狙いましょう。

 

これも言葉だけだとわかりにくいので、実例を出して説明していきます。

例えば、ディズニー映画「アナと雪の女王」が実写化され、メインキャストが発表されたとします。

ただしメインキャストをネタにしても大手のニュースサイトと内容が被ります。

なので、あえてメインキャストについては書きません。

その代わり、ニュースを見た人が「次」に気にする内容を予想して記事にしましょう。

今回の例だとメインキャストしか発表されていないので、ユーザーは

  • 他のキャストは誰か?
  • オラフの声優は原作と同じか?
  • 原作とストーリーは同じか?

という疑問を持つでしょう。

なので、追加キャストなどを自分で予想して記事にします。このネタなら、ライバルが少ないはずです。

マナブ
つまり、どんどん情報を掘り下げていくんだね。
オオタ
そうそう。ライバルの先回りをするワケよ。

 

ちなみにオオタの場合、上位表示されてるサイトを5つくらい同時に開いて、ザっと目を通して不足情報を探します。

完璧な記事なんてそうそう無いので、どこかに不足情報があるはずです(ちなみにこの間、約10分)

そして不足情報が見つかったら、今度はその情報をキーワード化して再検索します。

その時にライバルがいなければ、記事を執筆。もしライバルがいれば、また不足情報を調査。この作業を繰り返します。

まとめ

検索バーやツールは便利ですが、みんなが使っているツールです。

そのためツールに頼ってキーワード探しをすると、どうしてもライバルが多くなってしまいます。

ライバルのいないキーワードが見つからない時は、ツールではなく頭脳を活用しましょう。

オオタが推奨する方法は

  1. 未来に検索される情報を予想する
  2. 大手サイトの不足情報についてまとめる

の2つです。

これらの方法を使う事で、ライバルのいないキーワードが見つかりやすくなりますよ。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA