ブログのライバルチェックの方法は?穴場キーワードを見抜くコツ

成功

ブログで記事を書く前に、絶対にチェックしなければならない項目があります。

ずばり、ライバルの強さです。

記事をがんばって書いても、ライバルが強すぎると上位表示ができません。つまり、全ての作業が無駄になってしまうのです。

作業を無駄にしないためにも、記事を書く時にはライバルの数と質を確認しましょう。

『敵を知り己を知らば百戦危うからず』という言葉がありますが、まさにコレですね。

という訳で、今回は記事を書く前の『ライバルチェック』のやり方について紹介していきます。

 

なお、この記事は「お宝キーワードの探し方」の第1章にあたる内容です。2~4章を読む前に読んでくださいね。

お宝キーワードの探し方
  1. ライバルチェックのやり方(この記事)
  2. 虫眼鏡ツールの使い方
  3. お宝キーワードの見つけ方
  4. 最終手段

なぜライバルチェックが必要なのか?

理由:ライバルが強いと勝てないから

グーグル

需要のあるキーワードで記事を書けば、自然とアクセスは増える。

そう考えるブロガーが多いようですが、これは大間違いです。

いくら需要があっても、ライバルが強くて多いとほぼ無意味です。

読者(ユーザー)を全て持っていかれるので意味がありません。

新参者のブロガーがそこに入ろうとしても、上位には食い込めず後方へとはじかれます。

オオタ
下手をすると、記事が検索結果の5ページ目あたりに飛ばされるよ。

 

大手サイトには要注意

あなたの書いた記事が読みやすく高品質だったとしても、大手がライバルだと十中八九負けるでしょう。

一般的なビジネスと同じで、小さな会社(個人ブロガー)が大きな会社(大手サイト)に勝のは至難の技なのです。

という訳で、ライバルが強いキーワードは避けて他のネタを選びましょう。

オオタ
つまり、勝てそうな相手とだけ戦えってことだね。負け戦は避けよう。

ライバルチェックで使う道具

ライバルの強さをチェックする時は、グーグルクロームのシークレットモードを使います。

この画面ですね↓

シークレットモード

シークレットモードの開き方はこちら

 

ライバルチェックの際は、いつもの検索画面ではなくこのシークレットモードを使って下さい。

通常の検索モードだと、グーグルはあなたの好みに合ったサイトを優先的に表示させてしまいます。

そのため、ライバルの正確な強さ(本当の検索順位)がわからなくなります。

ライバルチェックのやり方

STEP1:記事タイトルの確認

キーワードを選んだら、まずは検索結果で上位記事のタイトルをチェックします。

上位記事のタイトルに、あなたが狙うキーワード(または似たキーワード)が入っていたら要注意。

それらのサイトは、みんなライバルです。

初心者ブロガーの場合、ライバルが多いときは勝ち目がないので撤退した方がいいでしょう。

特に、ライバルサイトが強そうなときは尚更です。初心者VS玄人だと初心者が負けるので、さっさと撤退するのが無難です。

オオタ
強い相手とは、基本的に戦わないよ。さっさと諦めて別のキーワードを探そう。

 

STEP2:ライバルの強さを確認

既にライバルがいたとしても、相手のサイトが弱い場合は勝てる可能性があります。

下記に当てはまる場合、弱いサイトが多いので狙い目ですよ。

弱いサイトの例
  • 無料ブログ
  • 記事数が少ないアドセンスブログ
  • 文字数が極端に少ないサイト

 

ライバルが大量にいたとしても、無料ブログばかりのキーワードだったら狙ってみてください。

質のいいコンテンツを作れば、十分1位を狙えます。

もちろん無料ブログなら必ず勝てるワケではないので、最終的には相手サイトの

  • 記事の総数
  • 文字数
  • 画像の有無
  • 読みやすさ
  • 記事タイトル
  • 記事内容

などを見て、総合的に判断します。

オオタ
弱そうだと思ったら、積極的に勝負を仕掛けてみてね。

補足|魔王レベルの大手サイトとは戦うな

大手サイトの中には、即撤退レベルの強大なライバルもいます。

具体的には、ヤフーやアマゾンなどの超大手サイト。レベルでいえば魔王クラスなので、めちゃくちゃ強いです。

ライバルチェックの最中、下のサイトを見つけたら基本的には撤退した方がいいですよ。

魔王レベルの強大なサイト
  • 大手メディア(ヤフーなど)
  • 大手ネットショップ(アマゾン・楽天など)
  • まとめ系のニュースサイト
  • YouTube

上記のサイトは、運営期間も長くサイト自体のパワーも強いからはまず勝てません。

魔王レベルの敵とは戦わず、それ以外の勝てそうなサイトと勝負しましょう。

ただし大手サイトでも、狙ったキーワードと記事内容が一致していなければワンチャンあります。けど、基本は戦わない方がいいですよ。

まとめ:見分け方のコツ

チェック

記事を書く前には、必ずライバルチェックをして、検索上位が取れるかどうか確認しましょう。

特に、次の3点に気を付けてください。

  • ライバルの記事タイトルが、キーワードと一致しているか
  • ライバルが強いか
  • 魔王クラスの大手サイトかどうか

ライバルの記事タイトルとキーワードが一致(または類似)していたら、記事を書いても負ける可能性があります。

なので、相手サイトのレベルや質をチェックして勝てるかどうか判断してみましょう。

 

ライバルチェックの基本的なやり方を覚えたら、次は下記の「虫眼鏡ツールの上手な使い方」について読んでみてください。

自分では予想できない、意外なキーワードが見つかるかもしれませんよ。

関連記事
  1. ライバルチェックのやり方(この記事)
  2. 虫眼鏡ツールの上手な使い方
  3. お宝キーワードの見つけ方
  4. 最終手段

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA