【注意点】今からブログを始める人必読!知らないと損する12の話

パソコン3

ブログ運営で稼ぎたいと思っても、わからない事だらけだと始めにくいですよね。

そこで今回は、ブログを開設する前に最低限知っておきたいポイントをまとめました。

私がド素人ブロガーだった時に「こんな大事なことなら誰か教えてくれよ!」と思った内容をまとめました。

オオタ
今回の記事は、これからブログを作る人向けです。すでにブログを持っている人は、下の記事を読んでね。
  • ブログ運営でよくある質問~初心者編(作成中)
  • ブログ運営でよくある質問~中級者編(作成中)

ブログで稼げる月収

お金と貯金箱2

という訳で、まずはお金の話からしていきましょうか。

ゲスイ話ですが、お金って大事ですからね。記事を書く際のモチベーションにも影響してきます。

マナブ
お金大好き!ブログって月収いくら稼げるの?

 

結論から言えば、ブログの月収は人それぞれです。

月収1万~200万と差は大きく、オオタが知るだけでも下記のようなパターンがあります。

ブロガーの収益例
  1. 定期的に更新するけど月収1万円しか稼げない人
  2. 毎日3記事投稿して、わずか3か月で月収10万円を達成した人
  3. 3日に1記事投稿して、毎月3~5万円くらいをコンスタントに稼ぐ人
  4. 最初は稼げなかったが1年後に月収20万円を達成した人
  5. 月収10万円台をしばらく彷徨った後、2年目で月収90万円を達成した人
マナブ
オオタはどのパターンだったの?
オオタ
⑤のパターンだよ。というか⑤は私の実話なの。

 

ブログの月収はその人によって全然違います。

稼ぐペースも金額もあなた次第。そして結果を出せるかどうかも、あなた次第です。

なお、オオタの月収と収益化の方法については下の記事で紹介しているので、気になる人は読んでみて下さい。

関連:映画ブログの収入について(準備中)

ブログの運営費用と開設費はいくら?

ブログとお金
マナブ
ブログを作るのって資金が必要だよね?できれば安く済ませたいんだけど…
オオタ
安心してマナブくん!ブログの運営費用って意外と安いんだよ!

 

格安のプランを使えば、ブログの運営費は年間5000円以下で済みます。

例えば、安さで有名な「ムームードメイン」や「ロリポップ」などのサービスを使った場合、1年間の費用は次のようになります↓

  • ドメイン代:年間1160円(.comをムームードメインで購入した場合)
  • サーバー代:月額250円×12か月=年間3000円(ロリポップ・ライトプラン使用)

⇒ 1年間の運営費4160円 

オオタ
ただしネット回線を敷く場合は、その費用もかかるよ。

 

安さを重視すれば、1年間の費用は5000円以下に抑えられます。

サーバーによっては、ブログの立ち上げ費用がかかりますが…せいぜい3000円くらいです。

関連:独自ドメインをエックスサーバーで使う方法(準備中)

有料テーマはSEO対策が優秀

サイトのデザインは「テーマ」で決まる

ブログを作成するとき、使用するテーマによってサイト全体のデザイン・構成・機能などが変化します。

例えばワードプレスの場合、管理画面>外観>テーマと選択するとテーマが表示されます。

ブログテーマ一覧

いろいろなテーマがありますね。

この中から好きなテーマをダウンロードして有効化すると、サイト全体のデザインが一発で切り替わるのです。

マナブ
テーマって無料でもらえるの?
オオタ
有料と無料のものがあるけど、多機能なのは有料テーマだよ。

 

有料テーマのメリットと価格

お金に余裕があるなら、有料テーマの購入をオススメします。

私がブログを始めたときの話ですが、貧乏性なので「ブログで収益が出たら有料テーマに変えよう」と思っていたんですよ。

でも、この考え方は間違いでした。

何もわからない初心者だからこそ、有料テーマを使うべきなんですよ。

有料テーマだとデザインもSEO対策も優秀なので、検索エンジンで上位表示されやすくなります。つまり収益が出やすくなるワケですね。

オオタ
オオタは「STORK19 」を使っているよ。

 

人気の有料テーマだと、値段は7000~40000円くらいです。初心者向けのテーマなら、7000~15000円くらいが相場でしょう。

なお、初心者向けのテーマは下の記事にまとめています。

関連:SEOに強いWordPressのテンプレートテーマ(準備中)

ブログには好きな事を書いていいの?

映画1

楽しくブログを続けたいなら、あなたの趣味をテーマにしてみてください。

オオタは映画ブログを運営していますが、他にもゲーム・スポーツ・ガジェット系などジャンルはたくさんあります。

 

ただし、ジャンルには稼ぎやすいものと稼ぎにくいものがあるので注意。

映画ブログも、一般的には稼ぎにくいジャンルだと言われています。

副業として5~10万円稼ぐくらいなら問題ありませんが、30万・50万と大金を稼ぎたい人には映画ブログは不向きでしょう。

マナブ
趣味をとるか、収益をとるか。難しいところだね。
オオタ
そうだね。趣味と実益を兼ねるなら、実力が必要になるよ。

 

ちなみに、ジャンルごとのメリットは下の記事にまとめています。これからブログを作る人は参考にしてみてください。

関連:特化型ブログのジャンル一覧(準備中)

複数のブログを一度に作るのってアリ?

マナブ
特化ブログをたくさん作って、同時に運営すれば大金を稼げるんじゃないの?

ブログ歴の長い人だと、特化ブログを量産して稼ぐ人がいます。

しかし、初心者にこのやり方はオススメしません。

というのも、ブログが多すぎると毎日更新できませんし管理が行き届かないから。

ブログは正しく管理しないと稼げません。

ブログを量産するデメリット
  1. 1ブログあたりの更新頻度が落ちる
  2. ブログを分析だけで1日が終わる
  3. 運営費用が多くかかる

 

定期的に記事を更新することで、検索エンジンは「このサイトには新しい情報があるな」と判断してくれます。

でも、ブログを複数運営するとなると更新が難しくなりますよね?

外注して記事の作成を手伝ってもらう方法もありますが、これはある程度経験が必要になります。

なので、1つのブログで成功してから次のブログを作る方がベターでしょう。

オオタ
中途半端って、一番やっちゃダメなんだよ。
マナブ
ラクして稼げると思ったけど、世の中厳しいね。

というか、ブログを量産して稼げるなら皆やってますよ。

日記は書いたらアカン

ノート

ブログには「みんなが知りたい情報」を書きましょう。

役に立つ情報を書いてこそ、記事は読まれるものです。

映画ブログも同じで、ただ感想を書くより映画を見る人(見た人)が気になる内容にした方がアクセスが集まります。

たまに「今日は〇〇に出かけた」とか「友達と遊んだ」など、日記のような内容を書いている人がいますがNGです。

日記を書いて読まれるのは、芸能人や有名人だけだと思ってください。

オオタ
ぶっちゃけると、個人の日記なんて誰も読みません。

関連:ネタ選びのコツ(準備中)

写真を使う時の注意点

芸能人の写真などを使う時は「引用のルール」を守りましょう。

他人の写真や作品をブログにペタペタ張ると、無断転載になる可能性があります。

関連:著作権やスクショの問題について(準備中)

 

著作権が怖いなら、フリー画像がオススメ。下のサイトは著作権フリーなので、自由に使うことができます↓

関連:映画館やフィルムのフリー素材(準備中)

過剰なネタバレや悪口はNG

ブログに批判記事を載せる場合、悪口になっていないか注意しましょう。特定の人への悪口を書いて、訴えられたケースもあります。

関連:映画ブログで芸能人の悪口を書くと名誉棄損になる(準備中)

 

あと、映画の過剰なネタバレもオススメしません。最近では規制が厳しくなっています。

関連:映画ブログでネタバレを書くと違法になるのか(準備中)

高額教材は買うべきか

映画ブログに高額教材は不要です

お金1
マナブ
映画ブログの運営方法って、コンサルタントに教わるべき?

世の中には、コンサルタントという職業があります。

ネットでよく「私の教材を買えばブログで月収100万円稼げますよ!」という宣伝を見かけますよね。あれをやってるのがコンサルタントです。

この手の教材は、30万円・50万円とかいう大金で売られていますが…

結論から言えば、映画ブログに高額教材はいりません。

映画ブログはライバルが少ないので、教材を買わなくても利益を出せます。

 

そもそも高額教材は詐欺が多い

そもそも、高額教材には詐欺が多いです。

「最初に50万円払えば、すぐに毎月100万円稼げるようになりますよ」なんて宣伝する人がいますが…

騙されちゃいけません。

数か月で100万円を稼げるほど、ネットビジネスは甘くありませんよ。

オオタ
コンサルタントに頼むなら、元を取るまで数年は見た方がいいよ。
マナブ
マジか。

 

くれぐれも、非常識なコンサルタントに振り回されないようご注意ください。あなたのお金と時間が勿体ないです。

あなたのお金は、あなたが一生懸命稼いで貯めたお金です。

だから大切に使わなきゃダメなんです。少なくとも、嘘つきなコンサルタントに渡すものじゃありません。

⇒私が高額教材を買った時の体験談(準備中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA