【裏技】ツイッターの便利機能!絞り込み検索や除外ワードのやり方

ツイッター

ブロガーにとって「ツイッター」はかなり便利なツールですよね。

鮮度の高い情報を入手できてリアルな声を調べられるので、オオタも重宝しています。

しかし、ツイートの数が多すぎると「理想的なツイートが見つからない」という事もしばしば。

気づいたら情報収集だけで30分以上経過するケースもあるでしょう。

そこで今回は、検索に役立つツイッターの便利機能を紹介します。

ツイッター検索で時間がかかる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

なぜツイッターが重要なのか?

鮮度のいい情報が手に入る

コメント2

情報って、鮮度がものすごーく大切なんですよ。

新鮮な情報ほど価値が高く、個人ブログでも大量のアクセスを集めることができます。

オオタ
ただし、需要のあるネタに限りますけどね。

 

私の経験談ですが、トレンドブログで超新鮮なネタについて書いたところ、公開直後から2~3時間で約1万アクセス集まったことがありました。

ネタの鮮度って、それくらい重要なワケですよ。

 

「じゃあ、鮮度の高い情報はどうやって仕入れればいいの?」という話ですが、そのために必要なツールが ”ツイッター” です。

ツイッターならニュースサイトで公開されていない情報も収集できるので、早い段階でブログの記事を投稿することができます。

映画ロケの目撃情報とか、新施設がオープンした時の混雑状況とか、事件が起こった時の現場の状況とか…

いろいろなネタで活用できるので、ブロガーにとっては非常に役立つ存在でしょう。

オオタ
いわば、ツイッターは「ネタの宝庫」ですね。

関連:ツイッターでブログ記事を宣伝すると、どれくらい効果があるのか

 

口コミや経験談がわかる

口コミや経験談が知りたい時にも、ツイッターは便利でしょう。オオタの場合、映画関連の記事を書く時にも使っています。

例えば新作映画の口コミについてまとめるなら、ツイッターで

「ストーリーは面白かったのか?」

「一般的な評価はどの程度か?」

などの情報をかき集めて、執筆の参考にしています。

もちろんオオタ自身も映画を見ますが「自分の評価=世間の評価」とは限りません。

そのため、一般的な感想がわかるのは嬉しいですね。

 

ツイッターの利便性がわかったところで、次の章からはツイッターの「裏技」について見ていきましょう!

便利機能を知っていれば、検索にかかる時間を短縮することができますよ。

裏技①OR検索

コメント

検索ワード OR 検索ワード

検索したいキーワードの間に「OR」を挟むことで、複数のキーワードをまとめて検索できます。

  • 検索例:サイト OR ブログ
  • 事例 :「サイト」と「ブログ」の両方のキーワードを表示できる

裏技②NOT検索(除外ワード)

検索ワード-“除外ワード”

-(ハイフン)と“”(ダブルクォーテーション)つけると、後ろにあるキーワードを除外して検索できます。

  • 検索例:ブログ-“アフィリエイト”
  • 事例 :ブログについて検索したいが、アフィリエイト関連の投稿は除外したい

NOT検索するときの注意点ですが、必ず“”(ダブルクォーテーション)を入れてください。これが抜けていると、除外できない場合があります。

裏技③日本語のみ検索

検索ワード lang:ja

「lang:ja」をつけると、日本語のツイートのみ検索できます。

  • 検索例:Google lang:ja
  • 事例 :「Google」で検索したとき、外国語のツイートを非表示にできる。

裏技④画像(写真)のみ

上部のタブを「画像」に切り替えれば、画像が掲載されたツイートのみ表示されます。

裏技⑤動画のみ

検索ワード filter:videos

「filter:videos」をつけると動画がついたツイートのみを検索できます。

  • 検索例:映画予告 filter:videos
  • 事例 :動画付きの映画予告のみ表示される

裏技⑥ユーザーで絞り込み

from:アカウント名

アカウント名の前に「from:」を付けて検索すると、指定したユーザーのツイートのみが表示されます。

  • 検索例:from:@cinematoday
  • 事例:シネマトゥデイのツイートのみ表示される

裏技⑦指定日以降のツイートのみ

検索ワード since:2020-01-01

検索ワードの後ろに「since:(年月日)」をつけて検索すると、指定した日付より後のツイートのみが表示されます。

  • 事例:シネマトゥデイについて2020年1月以降の情報を知りたい
  • 検索例:シネマトゥデイ since:2020-01-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA