ブログが半年経ってもアクセスなし!誰も来ない時の対処法

成功

今回は「ブログに誰も来ない」と悩んでいる人のために、アクセスなしから脱出する方法をまとめました。

ブログを半年以上も運営しているのに、1日に数人しか記事を見てくれない…

そんな悩みを抱えている人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

オオタが同じ悩みを抱えていた時、3つのルールを徹底することで1日1000PVまでアクセスが跳ね上がりました。

あなたのブログが読まれないのは、基本的が原因かもしれません。

今回紹介する内容は、オオタの経験談です。確実に1000PV稼げるとは限りませんが、実践すれば少なからず効果があるはずです。

時間が経てばアクセス数は増える

時計

基本的に、ブログは運営期間が長いほどアクセスが増えていきます。

最初は1日10PVしか無くても、継続してコツコツと記事を投稿していればアクセスが増えるので安心してください。

オオタ
ただし、キーワード選定やSEO対策をしていることが前提だよ。

 

では、1日1,000人以上に見てもらえるようなブログを作るためには何カ月くらい必要なのでしょうか?

次の章では、オオタが運営するブログのデータをもとに必要な期間をまとめました。

運営1カ月目のアクセス数

1カ月目で、はじめて1000PVを達成

データ2

それでは早速、オオタが運営するブログの平均アクセス数を公開します!

…と言いたいところですが、グーグルアドセンスの規約「秘密保持」にひっかかる可能性があるので詳細は秘密です。

大体のアクセス数をまとめたので、参考までにどうぞ↓

ブログの大まかなアクセス数(日別)
  • 3日目:ほぼアクセス無し
  • 1か月目:100~1000PV/日
  • 3か月目:1000~3000PV/日
  • 6か月目:3000~10000PV/日
オオタ
当時は毎日更新し、かつ需要の高いネタを取り扱っていたよ。

 

数字に幅がありますが、誤記ではありません。

記事がバズったり宣伝されたりすると訪問者が大量に増えるため、日によってアクセス数に差があります。

そもそもトレンドネタを狙って投稿していたので、特定の日だけアクセス数が異常多いケースが多かったのです。

半年経たなくても、アクセスは集まる

オオタの映画ブログも、開設から2~3日後はほとんどアクセスがありませんでした。

でも、これはあくまで最初の話です。

1週間くらい経つと徐々にアクセス数が増え、約1か月で1日1000PVを達成できるようになりました。

オオタ
このように、ブログは右肩上がりでアクセスが増えていくよ。

 

よく「アクセスが集まるまで最低でも半年は必要」という話を聞きますが、それは運営方針によると思うんですよ。

やり方さえ間違えなければ、1~3カ月目でも数千のアクセスを集められます。

半年経ってもアクセスなしの場合、原因は3つある

分析

半年経ってもブログにアクセスが無い場合、基本的なミスをしている可能性があります。

事実、オオタは3つのルールを遵守することでアクセス数が大幅にアップしました。

ここでは3つのルールについて説明するので、当てはまったら改善してみてくださいね。

ルール①書いた記事を上位表示させる

ブログを読みに来る人のほとんどは、キーワードを検索して目的の記事へと辿り着きます。

例えば映画『天気の子』の結末について知りたい人は、検索バーに以下のようなキーワードを入力するでしょう。

  • 天気の子 ネタバレ 感想
  • 天気の子 ラスト ネタバレ
  • 天気の子 ネタバレ 解説
  • 天気の子 ネタバレ キャラ名

上記のキーワードで検索した結果、そのときに上位表示されたサイトを読むのが一般的な流れです。

つまり、ブログを読んでもらうには検索エンジンで上位表示される必要があります。

実際に、あなたがネットで検索する時の事を思い出してみて下さい。大抵は1ページ目しか見ませんよね?

あなたの書いた記事がとても読みやすく素敵な文章だったとしても、検索結果で上位表示されていなければ人目に留まらないのです。

オオタ
これ、すごく重要なのでしっかり覚えて下さいね!

 

上位表示のやり方がわからない人は、当サイトの『STEP2』でノウハウを紹介しています。

こちらも一緒に読んでみてくださいね。

仕事

STEP2|記事の書き方

ルール②需要のあるネタを扱う

スマホ1

表位表示できているのにアクセスがない場合、そもそもネタに需要がありません。

需要が無いネタだと、ルール①の「上位表示」ができてもアクセス数は増えないのです。

なぜなら検索者が少ないから。

ブログの記事は、検索者がいてはじめて読まれます。

なので、記事を書く時には需要があるネタを選びましょう。

 

例えば同じ映画ジャンルでも、人気映画とマニアックな映画では需要が全く違います。

検索者が100人しかいない映画をテーマにした場合、どれだけがんばっても、ブログのアクセス数は最大で100にしかなりません。

逆に検索者が100万人いる人気映画なら、何万ものアクセスを集められる可能性があるのです。

 

ルール③執筆前にライバルを調査する

「このネタで記事を書こう!」と思っても、すでに似たような記事が書かれていた…そんなケースは日常茶飯事です。

需要が多いネタであれば、基本的にはライバルの数も多くなります。そしてライバルが多いと、上位表示が難しくなるものです。

キーワードを選定するときは、必ずライバルの強さ・人数を調査しましょう。

オオタの場合、ライバルが強そうなら即撤退します。

オオタ
逃げるのも作戦!

 

ただし、ライバルが弱ければ追い抜ける可能性があります。

その場合、相手よりも質のいい記事を書いて上位表示を狙いましょう。

まとめ|ブログに誰も来ないときの対処法

アクセス数は1カ月で増やせる

ブログ開始から1カ月程度でも、1日に数百人程度のアクセスを集めることができます。

ジャンル次第では半年で1日5000~10000PVも可能なので、まずはブログを継続してみてください。

オオタ
継続は力なり!事実、オオタがそうだったよ。

 

ただし当サイトのような専門的なテーマだと、検索者が少ないためアクセスが集まりにくくなります。

運営者が同じでも、ジャンルによっては日別のアクセス数が増減するのが普通です。

かくいうオオタも、過去にマイナージャンルでブログを作ってしまい「せっかくブログを作ったのに人が来ない!」と嘆きました。

半年経ってもアクセスがないときの対処法

ブログに誰も来ない場合、以下のどちらかが原因です。

今まで書いた記事を確認し、当てはまっているかチェックしてみて下さい。

ブログに誰も来ないときの原因
  • ライバルが多すぎて上位表示されていない
  • 上位表示されているが、需要がないネタを扱っている

 

100記事以上書いたとしても、このような記事にはアクセスが集まりません。

そのため、記事を書くときは次の3つのルールを守ってみてください。

アクセス数を上げる3ルール
  1. 需要のあるネタを選ぶ
  2. 上位表示を目指す
  3. 必ずライバルチェックを行う

 

需要のあるネタで上位表示させるには、キーワード選定やライバルチェックなどの技術が必要になります。

なので、慣れも必要ですね。

やり方は当サイトのSTEP2にまとめたので、参考になれば嬉しいです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓関連記事は下です↓

2 件のコメント

  • 去年の6月からブログを開設してほぼ1年になります。
    初めの3ヶ月は1日3,4人のアクセス、それでもAnalysisの画面に1人とか見てると読んでくれてる!と思い、すごく嬉しかったです。初めの頃は1日1記事書くにもがんばって書いていましたが、記事の内容は分かりやすい誰にも書けないような記事を書いてやろうと内容重視で書いていました。自己愛性人格障害という精神病の特化blogです。こういうひとを旦那さんや彼に持つ人に分かりやすいように記事を書いているので毎日の相談はすごいですが、ほぼコメント欄からの無料の相談になります。有料相談のページも儲けていますが、月に2,3人でほぼ無料相談です。
    googleadsenseだけでやっていますが、(アフィリエイトはどうやってつけたらいいかわからない。)一時、一月に2,3万は行ったのですが、ピークを越えると1万円~15000円程度です。アクセスは安定して1月に2,3万アクセスです。
    1年後には月10万くらいの収益にはなると思っていたのですが、正直なにがいけないのか分かりません。読者の方からは、このたぐいのblogで一番実践的で分かりやすいと好評いただいております。
    なぜ稼げないと思いますか?
    ぜひ教えていただきたいです。

    • kumiさんへ

      コメントありがとうございます!
      私見ですが、以下の3点が原因かなと思います。
      ーーーーーー
      ①ネタの需要
      ②文章のテクニック
      ③権威性
      ーーーーーー

      アドセンスはPVと収益が比例するので、自己愛性人格障害というマイナージャンルは不向きな印象です。

      また、有料の相談をしてもらうには文章的なテクニックも必要です。わかりやすい文章=有料相談が増えるとは限らないので、私だったらその辺を修正しますね。

  • kumi へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA