【初心者向け】映画感想ブログの作り方・稼ぎ方をイチから解説します

恋愛映画

映画の感想ブログを作りたいけど、どうすれば収益化できるのかわからない…

そんなネットビジネス初心者のために、この記事では映画感想ブログの作り方・稼ぎ方をザックリ簡単に解説しています。

ブログ作成から収益化までの大まかな流れを、以下の3ステップにまとめました。

ブログ収益化までの流れ
  1. 映画ブログの作成方法
  2. 読まれる記事を書くコツ
  3. 広告を掲載して稼ぐ仕組み

知識ゼロの超初心者向けなので、難しいことは書いていません。

細かいことや専門的な部分はすべて省き、ブログビジネスの全体図がわかるように説明しています。

マナブ
細かいことは覚えなくてもいいの?
オオタ
それも大事だけど、まずは全体を知るのが先だよ。全体⇒細部の順番で覚えた方が理解しやすいから。

 

また、今回紹介する方法はオオタが運営するブログ『映画ラボ』で実際にやってきたことです。

稼いだ実績があるので、これから映画ブログを作りたいという人に役立つかと思います。

はじめに|ブログで稼ぐための仕組み

ブログとお金

ブログを持っていない人だと、そもそも「ブログを使った稼ぎ方」をイメージしにくいでしょう。

そこでまずは、ブログビジネスの仕組みについて簡単に解説します。

広告がクリックされると収益が発生する

ブログで稼ぐためには、広告を貼る必要があります。

あなたが作ったブログに広告を貼り、その広告がクリック(またはクリック後に商品を購入)されればOK。

これがブログビジネスにおける、基本的な稼ぎ方です。

誤解する人が多いのですが、ページを読まれただけでは収益になりません。

広告を掲載して、はじめて収益が発生します。

1日1000人がブログを訪れたとしても、広告を貼らなければ利益は0円です。

マナブ
つまり広告がクリックされればいいんでしょ?仕組みはシンプルだね。
オオタ
うん。簡単なブログなら小学生でも作れるし、ハードルは低めだよ。

映画感想ブログを作り、収益化するまでの流れ

パソコン2

次に、映画感想ブログを収益化するまでの流れについて紹介していきますね。

ザックリ説明すると、以下の3ステップを達成することで報酬が発生します。

お金を稼ぐまでの流れ
  1. 映画ブログを作り、記事を投稿する
  2. 記事に広告を掲載する
  3. 読者が広告をクリックすれば報酬発生

1章でも説明したとおり、ブログと広告は密接に関係しています。

図に表すと、こんな感じですね↓

ブログ収益化

はい、簡単ですね。

②~④を繰り返すことで、どんどん報酬額が増えていきます。

サクッと解説!映画感想ブログの作り方

映画

おおまかな稼ぎ方がわかったら、次は実際にブログを作ります。

ブログの構築は慣れないと面倒ですが、遅くても半日あれば作成できます。最初はみんな初心者なので、一歩一歩やっていきましょう。

オオタ
全体的な流れさえわかれば、後はやっているうちに理解できるよ。

 

映画感想ブログを作るにあたり、最初にやることは次の5つです。

映画ブログを作るまでの流れ
  1. どんな映画をテーマにするか決める
    ブログで扱う映画ジャンルを決めておきましょう。映画全般について書いてもOK。
  2. ブログのタイトルを決める
    当サイトの場合は『映画ブログで稼ぐための運営術』がブログタイトルです。
  3. ドメインを購入する
    ドメイン=ブログの住所みたいなもの。
  4. サーバーと契約をする
    サーバー=ブログをネット上に公開するために必要なもの。
  5. ワードプレスを使ってブログを作成する
    ワードプレス=ブログを簡単に作成できるマシーンみたいなものです。
オオタ
本当はもっと細かい作業があるけど、大体こんな感じだよ。

 

ドメインやサーバーというのは、ブログを公開するために必要なものだと思ってください。

初心者だと「何それ?」と思うかもしれませんが、今の時点では「そういう物があるんだな」くらいの認識で大丈夫です。

詳細は当サイトの「STEP1|映画ブログの始め方」で紹介していますが、これは後から読んでください。細かいことは後から覚えれば大丈夫ですから。

まずは「ブログで稼ぐ」という事について、全体図を知っておきましょう。全体を知ってから細部を学んだ方が理解度が深まります。

読まれる記事を書くには、需要を意識しよう

注目される映画を探し、記事にまとめよう

映画3

ブログを作ったら、次はどんどん記事を投稿しましょう。

ただし記事を書く時は、適当に書いてはいけません。

適当に記事を書いたところで、人には読んでもらえません。だから正しいやり方で、需要のある記事を書くのがポイントです。

マナブ
いやいや、そんなの当たり前でしょ?
オオタ
って思うじゃん?でも、意外と出来ていない人が多いんだよ。

 

ブログというのは、需要があるからこそ読まれます。

つまり、みんなが興味を持つ内容について記事を書かないとアクセスは増えません。

なので映画感想ブログで稼ぎたいなら、以下を記事にした方がいいでしょう。

  • 新作映画(公開中または公開予定の映画)
  • テレビで放送される映画
  • SNSなどでトレンドに入っている映画
  • ファンが多い名作映画(ジブリなど)

基本的には、一般人が注目しそうな映画をネタにしましょう。

旬のすぎた映画をネタにしてもアクセスは集まりません

 

ライバルチェックを徹底しよう

戦略

ただし、トレンド映画について書けアクセスが集まるというワケではありません。

いくら需要があっても、ライバルが同じような記事を書いていたら読者を奪われます。

一般的な商売と同じで、ブログビジネスもライバルの数が多ければ稼ぎにくくなるのが普通です。

マナブ
ってことは、ライバルのいない部分を狙うんだね!
オオタ
その通り。相手の隙を狙うんだよ。

 

なので記事を書くときは、ライバルチェックを徹底しましょう。

ライバルチェックのやり方は当サイトの「STEP2|記事の書き方」という記事で紹介しているので、後から時間のあるときに読んでみて下さい。

まずはこの記事を全て読んで、全体図を掴んでから読むことをオススメします。

オオタ
今は「ライバルチェックってのが必要なんだ」くらいに思ってね。

広告を使った稼ぎ方とは?効率よく稼ぐコツ

ネットショップで買い物

ブログを作って記事を投稿したら、次は広告を張りましょう。

1章で説明したとおり、ブログを作っただけでは収益が派生しません。広告を張って報酬を受け取りましょう。

広告には種類がある

一口に「広告」といっても、いろいろと種類があります。定番なのは次の3パターンでしょう。

  1. クリック型広告
    広告がクリックされると報酬が発生する
  2. アフィリエイト広告
    広告をクリックした読者が、商品を購入したときに報酬が発生する
  3. Amazonアソシエイト
    『Amazon』が提供する広告サービス。広告クリック後、商品が購入されると報酬が発生する

初心者向けなのは、①のクリック型広告ですね。

商品が購入されなくても、クリックされれば報酬がもらえるので収益化しやすいです。

有名なものだと、グーグルが提供する『Goolgeアドセンス』が該当します。

初心者でも収益が出しやすいタイプの広告で、映画感想ブログとも相性が良いのがメリット。特に『Goolgeアドセンス』くらいは登録しておいた方がいいでしょう。

『Goolgeアドセンス』はアクセス数と報酬が比例するので、記事を書くほど収益も増えますよ。

オオタ
『Goolgeアドセンス』はオオタも使用してるよ。

 

広告の特徴を見極め、バランスよく配置しよう

ただし『Goolgeアドセンス』や『Amazon』は、広告の単価が低いのがデメリット。

なのでブログ運営になれてきたら、他のアフィリエイト広告も追加していきましょう。

アフィリエイト広告は収益発生までのハードルが高いものの、『Goolgeアドセンス』よりも報酬が高めです。

『Goolgeアドセンス』は1クリック当たりの単価が30~50円くらいですが、アフィリエイト広告なら1度に500~5000円くらい入ります。

マナブ
報酬が全然違うね!アフィリエイト広告だけ掲載すればいいんじゃないの?
オオタ
それは人によるね。アフィリエイト広告は収益が発生しにくいから、初心者だと扱いにくいよ。

 

どの広告にもメリット・デメリットがあるので、ブログの運営状況によって使い分けるのが得策でしょう。

オオタの場合、複数の広告をバランスよく使用することで収益化に成功しました。

映画ブログ向けのアフィリエイトについては、当サイトの『映画感想ブログのおすすめアフィリエイトまとめ』という記事で紹介しているので、気になる人は読んでみてくださいね。

ただし、広告掲載には「審査」が必要

審査をして、ブログが安全だと伝えよう

仕事

ただし、ブログに広告を掲載するには条件があります。

広告会社にブログを審査してもらい、審査に合格した人しか広告を掲載できないのです。

『Goolgeアドセンス』を使用するならGoogleの審査が必要ですし、『Amazonアソシエイト』を使うならAmazonの審査が必要になります。

マナブ
好きな広告をペタペタ貼れる訳じゃないんだね。
オオタ
そうなんだよ。少し面倒だよね。

 

ただ審査といっても、難しく考える必要はありません。

自分のブログを広告主に見せて「広告を掲載しても問題ないか」を判断してもらうだけの作業です。

子供に見せても安全なブログであれば大体は通ります。それほど心配しなくても大丈夫でしょう。

 

審査に落ちるのは、不健全なサイトくらいです。

例えばエッチな内容とか、酒・タバコ関係とか。あとは収益重視でユーザーの利便性を無視したサイトも落とされやすいですね。

オオタ
とりあえず、子供に見せられない内容を掲載していると落ちやすいよ。

 

最低でも10記事くらい書いてから審査をしよう

審査のタイミングですが、オオタの場合は最低でも10記事くらい投稿してから申請しています。

記事が全然ないブログだと、広告会社はあなたのブログが安全かどうか判断できませんよね?

そのため作りたてのブログだと、広告会社の審査に落とされる可能性があります。

なので相手が判断しやすいよう、ブログにある程度の記事を投稿してから審査した方がいいでしょう。

ただし、記事の内容がスカスカだったり字数が極端に少なかったりすると、落とされる可能性があります。記事数だけ増やすのではなく、内容にも注意してくださいね。

まとめ

ブログビジネスの仕組み

ビジネスと思考

ブログを作っただけでは、収益化できません。

適した広告を掲載し、クリック(またはクリック&商品購入)されることで報酬がもらえます。

収益をアップさせるには

基本的には、ブログをたくさんの人に読んでもらえれば収益もアップします。

ただし、闇雲に記事を書いてもネットの海に埋もれてしまいます。

「ブログを書いたけど全然アクセスがない」と言っている人は、大抵これが原因ですね。記事自体は高品質なのに、本当にもったいない。

なので、記事を書く前にはライバルの数と強さをチェックをしましょう。

キーワードを選定し、ライバルをチェックし、さらに適したタイトル付けをマスターすれば、アクセス数を自在に操れるようになります。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA