記事数の目安は?アドセンスブログで月収10万稼ぐには何記事必要?

お金3

今回は、アドセンスブログで月収10万円を稼ぐために必要な記事数について解説していきます。

ネット上には「10記事だけで10万稼げるよ」という声もあれば、一方で「100記事書いても全然稼げない」とう声がありますが、結局どれが本当なのでしょうか?

オオタが初心者ブロガーだった頃、疑問だったことをまとめてました。

アドセンスブログで10万稼ぐには何記事が必要か

アドセンスのみだと100~300記事くらい必要

お金と貯金箱2

グーグルアドセンスのみで月収10万稼ぐには、100~300記事くらい必要になります。

ジャンルによって広告単価やクリック率が違うので、一概には言えませんが…

オオタの経験上、映画・マンガ・雑多系のブログは広告単価が低めなので300記事は欲しいところです。

オオタ
アドセンスのみの話なので、物販の収益などは含めていないよ。

 

ただし、これは凡人(=オオタ)の場合です。

センスと才能に恵まれた人なら、雑多ブログだろうが何だろうが関係なく、あっさり月収10万円を稼ぎます。

オオタの師匠から聞いた話ですが、師匠のコンサル生には100記事さえ書かずに3か月で月収10万を突破した女の子がいたそうです。

オオタ
でも、これはレアケース。普通は無理だよ。

 

300記事書くために必要な期間

300記事を達成するまでに必要な時間ですが、早くても3か月はかかるでしょう。

1日に3記事ずつ投稿したとしても、300記事を達成するには3か月と1週間が必要になります。

 

そして私見ですが、サラリーマンや主婦なら半年~1年くらいは見積もった方がいいかと思います。

1日3記事を書くとなると6時間くらい必要なので、ニート以外はまず無理です。

会社に通勤しながら記事を書くとなると、せいぜい1日1記事が限度でしょう。

記事数300はあくまで目安

仕事

月収10万円稼ぐには300記事くらい必要だと説明しましが、これはあくまで”目安”の記事数です。

ブログのジャンルや運営方法によっては、もっと記事数が必要になるケースもあります。

つまり、その人のやり方次第ですね。

トレンドネタを使い300記事くらいで稼ぐ人もいれば、ネタ選びでミスをして余計な記事数が必要になる人もいます。

30記事で月収10万円を稼ぐのは可能か?

仕事

ごく一部ですが、たった30記事で月収10万円稼げると豪語する人もあります。

最近は数が減りましたが、一時期は「副業で月収30万」とか「ラクして月収10万稼ぐ」みたいな広告がポコポコ掲載されていました。

 

これに対するオオタの意見ですが、理論上は可能だと思います。

30記事で10万円なら、無理な話ではありません。

アドセンス単品だと難しいですが、穴場キーワードを見つけて高額なアフィリエイト案件に誘導できれば、不可能ではないでしょう。

オオタ
ただし、アドセンス広告の収入だけだと難しいと思うよ。

 

ただし、このような効率的な稼ぎ方ができるのはプロの特権です。

少なくともオオタは、初心者ブロガーが30記事で10万円を稼いだという話は聞きません。

ラクして稼いだ初心者もゼロではありませんが、彼らは法律的にアウトなことをしていました。

要するに、悪い事をしたから稼げたワケですね。

オオタ
悪い子のブログは、もう残ってないよ。ペナルティを受けて消ちゃったから。

 

正攻法で効率よく稼げるのは、経験を積んだプロのブロガーだけだと思ってください。

というか普通に考えて、素人が穴場ジャンルを見つけて一攫千金するなんてハードモードすぎます。

かなりの無理ゲーですよ。

ネットビジネスって、そんなに甘いものじゃないです。

なので、30記事だけでラクして稼げるなんて期待は捨てた方が良いでしょう。

500記事でも稼げない人たちの実態

稼げない人達の共通点

仕事

ブロガーの中には500記事も書いたのに全然稼げなかった人もいます。

彼らが稼げない原因ですが、恐らく戦略が悪いのかなと。ブログを確認させてもらったところ、下記の印象を受けました。

稼げていないブログの特徴
  • 自分の書きたいネタしか書いていない(読者のニーズを無視)
  • キーワード選定ができていない
  • 内容がマニアックすぎる(検索されにくい)
  • どのタイミングで集客するか計算していない
  • 闇雲に記事を投稿している(とりあえず更新してるだけ)
  • アクセスのある記事について分析していない

 

稼げない人たちは「とにかく記事を書き続ければ大丈夫」と思っている節があります。

更新することが目的になっているので、キーワード選定も需要チェックもしていません。これだと、記事が爆発することもありません。

その結果、全然アクセスが集まらないのです。

ブログで大切なのは、記事数よりも質。そして戦略です。

やり方を間違えると、ネットビジネスは全然稼げません。

量をこなすことも重要ですが、それだけでは足りません。量だけこなしても方向性を間違えると徒労に終わりますよ。

オオタ
やり方を間違えると、500記事書いても10万すら稼げないよ。怖いね。

 

オオタの初ブログは、300記事でも稼げなかった

実を言うと、オオタも最初のころは稼げていませんでした。

一番最初に作ったブログなんて、300記事書いたのに日収が100円以下。

自分では「この記事なら理解しやすいし競合に勝てる!」と思っていたのですが、それは単なる自己満足。

アクセス数は1日500PVさえ達成できず、惨敗でした。散々時間と手間をかけたのに、全部無駄だったのです。

 

そんな状況なので、メンタルは早々に折れました。

けれど、もう一度だけチャレンジしようと新ブログを作成したところ無事成功。

需要を意識しながらトレンドネタを書いていくうちに、どんどんアクセス数が増えていきました。

オオタ
需要って大事だね。

まとめ

月収10万円を稼ぐために必要な記事数

データ3

オオタの経験談ですが、アドセンスブログで月収10万円を稼ぐには100~300記事くらいは必要です。

かなり時間がかかるので、早めに稼ぎたいなら物販やアフィリエイト広告なども併用すると良いでしょう。

記事数だけ増やしても無意味

需要を無視して自分の書きたいことだけ書いても、ブログは読んでもらえません。

記事数さえ増やせば稼げるのではなく、アクセスの集まるネタを書かないと無意味です。

読まれない記事を500個書いたところで、月収1万円すら稼げません。

 

アクセスを集めるためには、キーワード選定やタイトル付けなどの技術も必要でしょう。

以下、当サイトの参考になりそうな記事をまとめたので、暇なときに読んでみて下さいね。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA