【実話】もしもアフィリエイト経由のAmazon提携はデメリットも多い件

買い物

ブログに『Amazon』の商品リンクを貼りつける場合、本家で登録するほか『もしもアフィリエイト』を経由する方法があります。

巷では「もしもアフィリエイト経由の方が審査に受かりやすい」という噂もあるので、本家で審査落ちした人にとっては嬉しい話ですが…

私が実際に使用したところ、デメリットもいくつかありました。

オオタ
正直、使う前にデメリットを知っておきたかった!

 

ネットで検索するとメリットばかりを謳う記事が目立ちますが、現実はそこまで甘くありません。

そこで今回は、私の体験談を元にもしもアフィリエイト経由で『Amazonアソシエイト』を使用する場合のデメリットについて紹介します。

これから提携する人の役に立てば嬉しいです。

ネットで検索すると、もしもアフィリエイトの利点のみを強調した記事が多く見られます。多くは紹介料が目当てかと思われるので注意してくださいね。

デメリット①商品リンクのデザインが微妙

スマホ版のデザインが微妙

もしもアフィリエイト経由でAmazonの商品リンクを作成した場合、そのまま掲載するとデザインがいまいちです。

個人的には以下のポイントが気になりました。

外見的なデメリット
  • スマホ表示したときのデザインが微妙
  • 商品名が長いと、商品リンクがやたら大きくなる

 

パソコン表示だと問題ないのですが、スマホで確認すると違和感があるというか…

表示が大きすぎます。

Amazon本家の商品リンクを使った方が、デザイン的に見やすいなと思いました。

 

ただし『Rinker』で解決できます

ただし、デザインの問題については別のツールを使えば解消されます。

「Rinker」や「カエレバ」を導入すればキレイな商品リンクを作れますし、デザインを見やすくすれば商品のクリック率もアップするでしょう。

オオタ
最近人気があるのは「Rinker」の方だよ。めっちゃ見やすい。

 

デメリット②後からサイト登録を削除される

違反が見つかると即停止

失敗

もしもアフィリエイト経由の場合、『Amazonアソシエイト』の審査に通りやすいという噂がありますよね。

この点については、私もその通りだなと思います。

オオタ
本家で審査落ちしたブログも、もしも経由なら合格しました。

 

ただし。

もしもアフィリエイト経由で審査に通ったとしても、後からブログ登録を削除される可能性があります。

定期的に運営さんがチェックしているのか、ブログで規約違反があると「違反してるから取引停止するよ」というメールが送られてくるんです。

その時のメールがこちら↓

大変恐縮ではございますが
過日もしもアフィリエイトに
ご登録頂きました下記サイトの
登録を削除させて頂きましたので
ご報告申し上げます。

上記メールの「サイトの登録を削除する」とは、もしもアフィリエイトの登録を解除されるという意味です。サイト自体を削除されるワケじゃないので安心してくださいね。

 

メールでの忠告はなく、見つかったらその場で提携解除。

もちろん、解除中は報酬なし。

これの何が怖いって、稼ぎ時にルール違反が見つかると報酬がガタ落ちするんですよ…

オオタ
まあ、違反してた管理人が悪いんだけどね。

 

なので、もしあなたが「もしもアフィリエイトは審査基準がゆるい」と思っているのなら、その考えは捨てた方がいいです。

登録時はあっさり通りますが、後から解除される可能性があります。

提携解除で痛い目にあったブロガーも多いようなので、デメリットとして覚えておいてください。

オオタ
決してゆるくは無いよ。
本家Amazonと直接契約していた場合でも、違反が見つかれば提携解除されます。ただ、個人的には『もしもアフィリエイト』の方が巡回が厳しいイメージです。

 

管理人が提携解除された時の話

サラリーマンの男性

そもそも、私がもしもアフィリエイトに登録したのは『Amazonアソシエイト』を使うため。

本家の審査で落ちたので、もしも経由にしようと思ったのです。

そして申請したところ、数日後に承認。

Amazonの商品リンクもすぐ使用できるようになったので、私は1日かけて全記事への広告リンクを張り替えたのですが…

 

約1か月後に、サイト登録削除のメールが届きました。

削除の原因は引用ミス。

古い記事に、引用の仕方を間違えている個所があったんですよ。

これはアカンと思ったので、もちろんすぐに修正。そして再申請したら、あっさり登録が許可されました。

オオタ
修正すれば再提携できるのは有難いね。

 

…が、その2週間後。

またもや登録解除のメールが届いたのです。

「またかよおおお!」と思ってメールを見たところ、前回の修正でモレがありました。

記事が700以上あるブログだったので、3記事ミスが残っていたんですよ。

はい。私が悪いですね(笑)

オオタ
数が少なかろうと、ミスはミスだよ。

 

というワケで、3記事のミスも即修正。

そして再々申請をしたのですが…

登録は許可されたものの、Amazonの提携を解除するというメールが届きました。

Amazonのために登録したのに、肝心のAmazonが使えなくなったのです。

 

もちろん私のミスが原因なので、文句は言えません。

とはいえ、1日かけてリンクを貼って修正を繰り返して、そのあげく解除されたのでダメージは大きかったです。

amazonともしも比較

Amazonアソシエイトはもしも経由と本家どっちがいい?両方使うべき?

デメリット③支払期間が長い

ブログとお金

もしもアフィリエイトの報酬は、成果が承認されてから翌々月末に支払われます。

つまり、商品が売れてから支払いまでに3カ月くらいかかるワケですね。

当月に承認された成果金額が1,000円以上(住信SBIネット銀行は例外)になった月の翌々月末にボーナス報酬とともに指定の銀行口座へ振り込まれます。

引用元:https://af.moshimo.com/af/www/help#faq324

オオタ
支払いまでの期間が長いね。

デメリット④Amazonギフト券は対象外

もしもアフィリエイト経由の場合、下記の製品は成果の対象外となります。

商品が売れたとしても、報酬が貰えません。

  • Amazonギフト券
  • Amazon Echo

 

本家のAmazonアソシエイトなら、ギフト券を販売すると4%の報酬が入るのですが…

ASP経由だと報酬対象外になります。

オオタ
Amazonギフト券が報酬対象外って厳しいですね。

もしもアフィリエイトを経由するメリット

お金と貯金箱2

ここまで「もしもアフィリエイト」のデメリットについて説明しましたが、もちろんメリットもあります。

以下、もしも経由でAmazonアソシエイトを使用する場合のメリットをまとめました。

もしも経由のメリット
  1. 1000円から入金OK
  2. Amazonアソシエイトの審査が通りやすい
  3. 初心者むけのマニュアルを開示
  4. プレミアム報酬制度
  5. 成果発生率などを案件ごとに確認できる(効率のいいメニューがわかりやすい)
  6. キャッシュバック機能がある
昔は「もしも経由なら振込手数料が無料だからオトク」と言われていました。しかし現在、Amazonアソシエイトとの直接契約でも振込手数料は無料です。

 

もしもアフィリエイト経由で「Amazonアソシエイト」に登録する場合、もっとも魅力的なのは審査が通りやすい点でしょう。

後から提携解除される可能性(2章参照)はあるものの、本家で審査落ちした人にとっては有難い話です。

 

また、私見ですが「もしもアフィリエイト」は初心者へのサポートが手厚いイメージです。

初心者の教育制度について言えば、ここまで優しく説明してくれるアフィリエイトサイトは少ないでしょう。

オオタ
メルマガもわかりやすいので、登録しておいて損はないよ。

 

総合的に見ると、アフィリエイト経験ゼロの初心者にはおすすめのASPです。

すでにガッツリ稼いでいる人にはメリットが少ないですが、初心者はマニュアルを使いながらノウハウを学べるのがメリットだと思います。

まとめ|Amazonと提携するときの注意点

デメリットまとめ

仕事

もしもアフィリエイトを経由して『Amazonアソシエイト』と提携する場合、下記のデメリットがあります。

デメリットまとめ
  1. デフォルトのデザインがいまいち
  2. 審査後に提携解除される人が多い
  3. 報酬支払いまでの期間が長い

個人的には②がネックですね。

審査は通りやすいものの、審査後に提携解除された人はかなり多いようです。

なので、もしも経由でAmazonアソシエイトを使用する場合は注意して下さい。

オオタ
Amazonに関しては、もしも経由より本家と直接契約したほうがいいかも。

 

とはいえ『もしもアフィリエイト』では、初心者へのサポート機能が充実しています。

マニュアルやメルマガもわかりやすいので、アフィリエイト初心者は登録しておいても良いでしょう。

デメリットはあるものの、ASPの中では優秀なサイトだと思います。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA